合同説明会での収穫を得るには

学生にとって最後の難関が就職活動です。
就職先を決めることができなければ安心して卒業することもできませんし、特に大学生であれば他者よりもスタートが遅れてしまうだけでなく新卒採用の求人にも応募することができなくなります。


どの学生も必死に就職先を探しているのではないでしょうか。



そうした学生にとって重宝するのが合同説明会です。



多くの企業を1度に知ることができるメリットがありますが、周囲の人が参加するからというような曖昧な気持ちで参加していては収穫できるものはありません。

例えば誰もが知っているような企業のブースには沢山の学生が集まりますが、そのような企業であっても大抵はホームページなどに記載されていることを聞けるだけで自分をアピールできる機会もそれほどないでしょう。
それよりも、聞いたこともないような地元の企業などのブースに足を運ぶと意外な収穫があるかもしれません。



特に地元企業というのは合同説明会のような場所でしか学生と接する機会がありませんので、できるだけ多くの学生に知ってもらいたいという気持ちがあります。ですのでブースに来てくれた学生は大切にされますし、場合によっては自分をアピールできる機会もありますので話が合えば内定を前提とした面接を約束することも可能です。


人材として自分を見る企業の人と話すからと物怖じしてしまう学生もいますが、合同説明会は面接ではありませんので多いに自分をアピールする方がチャンスを引き寄せることに繋がります。どんな企業の話を聞くのか、どのようなことを知りたいのか、自分をどのようにアピールするのかなど事前に自分なりの考えや目的をしっかりと作っておけば合同説明会では何かしらの収穫があるでしょう。